オススメリンク

応用範囲が広い

ロードセルは、鉄、ステンレスなどの素材に箔型歪みゲージ又は線型歪みゲージを接着剤で張り付けた構造となっている。また、ロードセルは非常に単純な構造であり他の精密測定器に比べると非常に安く応用範囲も広くなっている。

Read more »

  • マイクロバブルを使用して汚れや匂いの原因となる汚泥物質を取り除いてみましょう。泡の力で浮かせ流すことが可能ですよ。

  • 研究のために入手

    一般家庭では顕微鏡を持っていることは少ないですが、学校の授業や研究には顕微鏡が欠かせない存在になっています。現在は初心者向けから高いものまで多くの商品が販売されています。

    Read more »

  • 非常停止機能がついた産業用の無線リモコンを利用して安心安全に作業を行ってみましょう。様々な機器に取り付けが可能ですよ。
  • 進化を遂げる顕微鏡

    顕微鏡は今から500円前に開発されたとされており、そこから生物や細胞などの研究が進んで文明が発展したとされています。インターネットショッピングでは簡単に顕微鏡を手に入れることができます。

    Read more »


    ピンきりの顕微鏡

    安心の低価格で各所から話題になっているマイクロスコープが人気ですよ。工業用から研究用まで幅広い用途で使えます。

    アプリやサイトテストにも対応しているスマートフォンのテスト代行サービスは、業者ごとの比較をすることで製品テストの効率化が進みます。

    顕微鏡が欲しいけど、価格が分からなくて手が出せない、という方は多いのではないでしょうか。 顕微鏡の平均的な価格は、一概にどうとは言えません。なぜなら、顕微鏡の価格はピンからキリまで実に幅広いからです。 たとえば安いモノであれば3000円もかからずに買うことができますが、高いモノになると10万円を超える場合もままあります。 もちろん高いモノは高いなりに高性能ですし、だからといって安いモノが低性能なのかと言えばそうでもなく、高くても安くても、顕微鏡としての必要最低限の機能はきちんと有している場合が多いのです。 このように、顕微鏡には実に幅広い価格帯が存在します。自分のお財布事情に見合ったモノを選んで購入するようにしましょう。

    顕微鏡の歴史は非常に古いです。なんと紀元前に建造されたというそれなりに古い遺跡から、水晶を研磨して作られたレンズが発見されているのです。とは言え、その時代の水晶レンズは、小さなモノを拡大して見るために使われていたのではなく、太陽光を集めて傷口を焼くための医療器具として使われていたそうです。 拡大鏡として使われ始めたのは11世紀以降のことであり、この頃からヨーロッパの各地で修道士によるレンズ作りが盛んに行われるようになりました。 そうして13世紀を迎えた頃には、顕微鏡の前身であるルーペが開発され、研究者を始めとする大勢の人々がその利用を開始します。そして16世紀の終盤に、ようやく顕微鏡が作られるに至りました。 このように、顕微鏡にはとても長い歴史があるのです。是非とも覚えておきましょう。

    中ロットからタイロットまでプリント基板の製作が可能です。量産品にも対応しているのが嬉しいポイントです。アフタフォローも充実しています。